水漏れする古い給湯器を業者に交換してもらうメリットとデメリット

水漏れの症状がある古い給湯器を修理して使うか、あるいは、買い替えをするかで悩むことがあります。とくに、物を大切にする考えの方は、修理して使えるなら、修理で済ませる方が良いと考えがちです。しかし、古くなった給湯器は、修理をせずに買い替えをした方が良い場合があることも事実です。無理をして使い続けることで、別の問題が生じてしまうことがあるからです。
ここでは、古い給湯器を修理する場合と新しいものに交換する場合と比較して、それぞれのメリットとデメリットについて解説します。

■給湯器を修理して使い続けるメリットとデメリット

水漏れの症状がある給湯設備の修理をするメリットは、高額な支出が生じないことと、給湯器全体の点検ができることです。軽微な作業なら、その場で直してもらえることもありますし、修理の際に全体のコンディションについて確認してもらえます。
また、1時間以内で終わる簡単な修理であることがほとんどですので、給湯設備を使用できない時間が短いのもメリットです。
一方、修理して使い続けることのデメリットは、買い替えよりも維持費用が高くなる場合があることです。繰り返し部品交換などを行っていると、修理費用の積み重ねで、新しいものに取り替えたほうが経済的になる場合があります。買い替えか修理かは、水周りのプロのスタッフのアドバイスを参考にして決めるのがおすすめです。

■給湯器を新しいものに交換するメリットとデメリット

古い給湯設備を新しいものに交換するメリットは、安全性が一気に高くなることです。水漏れとはいえ、給湯器にトラブルが生じていますので、近い将来、別のトラブルが発生しない保証はありません。しかし、新しい給湯器に交換してしまえば、メーカーの保証もありますし、交換から数年間はトラブルなしで生活できます。
これに対して、新しい給湯設備に交換するデメリットは、費用が高くなることと業者を選ばなければならないことです。給湯器を買い替えることで、家計に少なからず影響を与えてしまいます。さらに、複数ある水道工事会社から業者を選ばなければなりませんので、精神的なストレスが大きくなってしまうことも考えられます。

■まとめ
給湯器の交換や修理には、それぞれメリットやデメリットがありますので、慎重にどちらにするかを決めてください。修理や交換で水道工事の業者を探す場合は、インターネットのサービスを利用して迅速に対応してもらえるところを選ぶと良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ